テクニカル分析とは

FXで投資を行う場合の分析方法の一つであるテクニカル分析について紹介していきます。
テクニカル分析とは、為替チャートの値動きから今後のトレンドを予想する方法ということになります。
テクニカル分析はいろいろな種類があり、一つを適応させればそれが絶対的なものかといえばそうではありません。
テクニカル分析を利用する場合には、その分析方法について熟知するのと同様に、複数の分析方法をうまい具合に適応させていくということが必要になってきます。
結局のところは、得をするのも損をするもの自分次第ということになります。
テクニカル分析にはトレンド系といわれるものがあります。
計算結果をグラフ化することで、現在上昇しているのか、下降しているのかというトレンドがすぐわかります。
上昇トレンドであれば購入する、下降トレンドであれば、売却するといった行動がとれるわけです。
代表的なものが移動平均線といわれるものになります。
移動平均線とは、過去の一定期間のレート(終値)の平均値をグラフ化したもので、ローソク足チャートとの関連でトレンドの方向性を把握することができます。
移動平均線はMA(MovingAvarage)と呼ばれることがあります。
パラメータとして使用する日数は投資家によって異なってきますが、FXのテクニカル分析で多く使われているものは13日移動平均線と26日移動平均線の組み合わせと、21日移動平均線と89日移動平均線になります。
続いて、オシレーター系テクニカル分析というものがあります。
オシレーター系とは、為替レートで売買の度合いを分析するために利用します。
本来あるべきレート以上に為替レートが極端に上昇したり下降したりすることがあり、買われすぎているのであれば売り、売られすぎているのであれば買いといったように逆張りを狙うということになります。
オシレーター系の代表的なものとして、ボリンジャーバンドやストキャスティクスなどがあります。

子供 英会話
明るい、フレンドリーな講師陣。

Powered by WordPress | Shop Free Phones at Bestincellphones.com. | Find the best CD Rates, Checking and Fat Burning Furnace Review