ファンダメンタルズ分析とは

FXの分析方法としては、テクニカル分析とともにファンダメンタルズ分析というものがあります。
今回は、ファンダメンタルズ分析について紹介していきます。
ファンダメンタルズ分析は、世界の経済状況や経済状況などを見て、今後の相場の動きを判断していく分析方法になります。
ファンダメンタルズ分析は特に中長期の判断をするために利用されます。
長期的に見れば、通貨の価値と経済状況が一致するといわれています。
一般的には、金利が上がれば、通貨が高くなるという傾向があります。
自国の金利は日本銀行などの中央銀行が決定します。
金利を上げるということは、その国の景気がいいということが言えますので、多くの投資家がその国に投資をしてもらえる可能性が増えていきます。
すると、その国の通貨の需要が高まるので、通貨が高くなるということになります。
現在2012年8月の状況では、日本はそんなに景気が良くないにもかかわらず、円高傾向になっているのは、ユーロなどの通貨よりも日本円を持つほうがまだましということで、円が買われるということになります。
また、景気が良くなれば、通貨が高くなるということも言えます。
金利を上げるというのは、景気の好況時にはインフレ傾向になるのを抑えるために行われます。
そのため、金利が上がるとその国の通貨が高くなるということが言えます。
続いて、貿易の動向についても気にしておいたほうがいいかもしれません。
一般的には、貿易黒字になれば、通貨が高くなり、貿易赤字になると、通貨が安くなる傾向にあります。
例えば、日本の企業が商品を輸出した場合、輸出した商品の売り上げを回収するために、円に交換することになります。
そのとき、当然ながら日本円が買われるので、貿易黒字が多いと、それだけ円が買われることになりますので、結果的に円高方向に進みます。
ほかにも、要人の発言というのも政治や経済に大きな影響を与えますので、要チェックになります。


Powered by WordPress | Shop Free Phones at Bestincellphones.com. | Find the best CD Rates, Checking and Fat Burning Furnace Review