FXで巨額の利益を挙げた実例

FXとは、外国為替証拠金取引といって、外国通貨や日本国円通貨との間の為替換算相場の値動きを利用して損益を計上していく投資商品です。
今や、投資家だけでなく、一般のサラリーマンや主婦の間でもかなり流行ってきていると聞きます。
このFXの投資商品としての魅力は、なんといってもレバレッジを効かせた取引にあると思います。
レバレッジとは、てこのことで、実際に投資に利用した資金を証拠金として、それに見合った一定の倍率の取引が可能となります。
つまり、実際に投資している資金よりも大幅に高額の売買が可能となるということで、うまくいけばかなり効率のよい投資実績を上げることが可能となります。
しかし逆に、予想と反対の値動きをすれば、その分損失を計上する幅も大きくなります。
最近、FXで億万長者になったという話をまとめた書籍が多く出版されているように思います。
普通の主婦やサラリーマンが、一夜にして巨額の富を得たという内容の書籍だったと思います。
これは、確かにFXをやっていれば起こりうる可能性のある事項ではありますが、このように成功する例というのはごく一部だと思います。
表面に見えていないだけで、実際損失を膨らませている人も多数いることが容易に予想できます。
巨額の利益を上げるという話の裏には、その分リスクを持って取引したということになります。
ともすれば逆の結果になっていたとしても不思議ではなかったと思います。
これは、投資というよりもばくちに近いと私は思います。
FXで投資をするうえで、私が心がけていることは、損失は早く確定する・利益は長い目で見て伸ばしていく、という原則です。
予想と反対の値動きをした場合、再び相場が戻ってくることを期待して、損失を確定せずにいることは、損失を拡大する危険のある考え方です。
早めに売買を成立させて、次の取引の機会を伺う方が効率のよい投資手法だと私は考えます。
利益が出ている建て玉は、逆に利益をすぐに確定させずに長い目で見てできるだけ大きな利益を計上できるようにしています。

Powered by WordPress | Shop Free Phones at Bestincellphones.com. | Find the best CD Rates, Checking and Fat Burning Furnace Review