FX取引で達成感を追い求めた末の失敗談をお伝えします

為替はビジネスの基本となるものなので、資金移動などが起こるたびに変動を繰り返していくという性質があります。
その性質を応用して、各国通貨の間に価値の差が生じますから、その価値の差から生まれる差益を狙う取引が、FX取引です。
外国為替証拠金取引という正式名称の通り、FX取引は取引口座に証拠金を預け入れておいて、その証拠金を原資としてレバレッジをかけつつ為替取引を行なえるのです。
高いレバレッジをかけた場合、差益が生じたらそのレバレッジを掛け合わせて莫大な差益を得ることができ、一度成功して莫大な差益を得る達成感を得ると、次も達成感を得たいと追い求めてしまいます。
そこで、高いレバレッジを鼻歌交じりに掛けて注文を出し、取引が成立するのを待ちました。
すると、なんと差損が出てしまって、高いレバレッジの分だけ差損も大きくなってしまったわけです。
FX取引を始めて以来の差益による利益は、半分ほど差損による損失で消えてしまいました。
こんな失敗談も合ってか、高すぎるレバレッジは控えめにしています。

Powered by WordPress | Shop Free Phones at Bestincellphones.com. | Find the best CD Rates, Checking and Fat Burning Furnace Review