外国為替証拠金取引のことをFX

FXという言葉をよく聞くことがあると思います。
FXというのは外国為替証拠金取引のことを言います。
外国の為替レートを利用して利益を得たりする取引ということになります。
FXは通貨そのものを売買するということになります。
要するに、円を売って中国元を購入するといったように、異なる2つの通貨のうち、一方を売って、もう一方を購入するというような取引が行われます。
FXでは証拠金というものをFX取引会社に預けていれば、米ドルを買おうと、南アフリカランドなどを買おうと自由ということになりますし、あらかじめ円を売って外貨を買うのも自由ということになります。
外貨預金をするときは、外貨を買うことから取引がスタートし、円高局面では為替差損が生じることになりますが、FXの場合は、外貨を購入して、円安局面で円を売ることもできますし、これから円高に動きそうだなという時には、あらかじめ円を売っておいて、円高になった時に外貨を購入して為替差益を得るということもできます。
FXの場合は、円高の時でも円安の時でも為替差益を得られます
外貨預金を行う時には、米ドルの時手数料が1ドル当たり1円程度なのに対して、FXの取引手数料は、会社によって異なってきますが、無料に設定しているところが多いようです。
通貨間の買値と売値の差のことをスプレッドといいますが、これが実質的な手数料ということになります。
例えば、米ドルと日本円の関係で、売値120.15と買値120.20とあれば、この差額の5銭がスプレッドということになります。
もし、手数料を気にされるのであれば、取引手数料とスプレッドの両方を見ていったほうがいいかもしれません。
手数料の安さもそうなのですが、ほぼ24時間いつでも売買できる点や、レバレッジを効かせれば少額資金で取引できたりする点や、株価と違って極端な値動きになりにくいので、リスクが比較的小さい点などがFXのメリットとして挙げられます。


Powered by WordPress | Shop Free Phones at Bestincellphones.com. | Find the best CD Rates, Checking and Fat Burning Furnace Review